ロボット開発ノート

投稿日:

自作ロボットの開発に、ノートを使ってみた。

せっかくなので enchantMOON を。
これまでは、特にツールを使ってなかったんだけど、手を動かしつつ実際の材料や機構の癖などを知りながらでないと分からない事も多く、問題の把握だけでなくその整理と、効果的な対策が必要になってくる。

enchantMOON のノートに写真を貼り付け、分析、次のアクションへ
enchantMOON のノートに写真を貼り付け、分析、次のアクションへ

enchantMOON でロボの写真を載せたブログ画面を撮影し、貼り付けてみた例。

以前自作・紹介した「タテ2分割方眼フォーマット」を使用。

「事実」「分析」「まとめ」の3ステップを2分割フォーマットで(小面積ノートでは均等な3分割は難しい)。

「事実」はありのままの「写真」で、分析の為に、赤ペンで輪郭を強調したり。「線」は「塗り」と比較して、より分析的。

分析欄へ引きだし線を使って気付いた点などをコメント、考察なども。空いたスペースを区切り「まとめ」にするけど、斜め区切りを手で描くのが紙面を有効に使えると思う。

  • 事実欄: ありのままの状態、写真など。データや情報
  • 分析: 分解したり、統合したり。知識的
  • まとめ: 次への行動(next action)につなげる為のまとめ

小さな PDCA を回すような小気味よいサイクルとなった。

追記

[20150108 追記]

と、ここまでは、写真を貼る手間を別にすれば通常のノートでもOK。

分析欄が狭く1ページに収まらない場合がある。

  • 紙のノート
  • デスクトップやタブレット、スマホのノート
  • リンク機能のあるノート(enchantMOON)

と分けて考えたとき、リンク機能が使えるならこのページをハブとした枝葉ページを作れば良いと思う。

広告